AIよみとーるタイトル背景

AIよみと~る

AIよみと~る

手書き文字認識・読取・データ化は、自動でおまかせ!

AIよみと~るって?

手書き書類や帳票の文字読取を行い、データ化するAI技術を使ったAI-OCRサービスです。大量の手書き書類でも、データ化することで帳票処理業務の稼働削減が期待できます。

AIよみと~るって?
オフィス

AI-OCRとは

OCRは光学文字認識を指します。書類や帳票に用いられている手書きの文字を読み取り、テキストデータ化する技術です。さらにその技術に、AIの技術を組み合わせたものがAI-OCRです。人工知能による最新技術が加わることで、文字認識精度が格段に高まります。

※ 本サービスのご利用には、スキャナー等の帳票類を電子化する機器およびインターネット接続環境が必要です。

※ 本サービスは、AI inside株式会社の「DX Suite」を活用しております。

「AIよみと~る」処理の流れ

2AIを使って
1書類・帳票を
step1
step2
3読取り結果を
step3
4「おまかせRPA」と連携して
step4

書類・帳票を
アップロード

AIを使って
データ化

読取り結果を
ファイル出力

「おまかせRPA」と連携して
自社システムへも自動入力

読み取り精度の高さが成功のカギ!

「AIよみと~る」3つのポイント

point 2

ITに詳しい専門家がいなくても使いこなせる

直感的で使いやすいブラウザベースの利用者画面
かんたんなマウスの操作だけで、読取の設定が可能です

画面イメージ

読みとーるイメージ

読み取り設定が簡単

確認画面が見やすい

point 3

RPAと組み合わせることで、稼働時間を半減!

社内システム等と連携できて、削減率単純平均は61.69%

■ 同じ様式を何枚も自動で認識するので、稼働削減が期待できます
■ RPAツールに連携することで、入力や読取結果の活用の自動化を進められます

A社

​B社

​C社

業種

メーカー

不動産

サービス

帳票内容

申込書(葉書)

申込書(FAX帳票)

現金通帳

主な読取項目

氏名・住所・電話番号

氏名・住所・電話番号

氏名・日時・金額

稼働時間 (トライアル前)

3分/枚

1分34秒/枚

54分42秒/枚

稼働時間 (トライアル後)

1分36秒/枚

42秒/枚

9分15秒/枚

3社の1枚あたり削減率の
単純平均

61.69%

※1 当社で2018年8月-9月に上記3社で行ったトライアルの検証結果に基づきます。(手書き文字を含む20,275文字)

※ 本トライアルは、AI inside株式会社の「DX Suite」を活用しております。

おまかせRPAとの併用がおすすめです

point 1

読み取り精度は、驚異の96.71%

20,000文字を超えるトライアルの結果導きだされた読取精度

​やっかいなくせ字も、枠のはみだしも、AIが検知して修正!

くせ字
くせじ
くせじai
はみだし
はみだし
はみだしai
手書き訂正
手書き訂正
手書き訂正ai

AI-OCRによるトライアル結果

A社

​B社

​C社

業種

メーカー

不動産

サービス

帳票内容

申込書(葉書)

申込書(FAX帳票)

現金通帳

主な読取項目

氏名・住所・電話番号

氏名・住所・電話番号

氏名・日時・金額

読取精度 (活字)

99.72%

97.04%

読取精度 (手書)

96.13%

94.73%

A,B,C社総数

96.71%

※1 当社で2018年8月-9月に上記3社で行ったトライアルの検証結果に基づきます。(手書き文字を含む20,275文字)

※ 本トライアルは、AI inside株式会社の「DX Suite」を活用しております。

工場

「AIよみと~る」活用事例

転記業務も

税理士法人における
転記業務の効率化

管理書類も

賃貸管理書類の転記・
入力業務の効率化

出荷伝票も

花き出荷伝票システム
入力作業の稼働削減

ペーパーレス業務への移行、業務を効率化して高付加価値のサービスを提供といった新しい挑戦が可能に!

不動産業につきものといえるのが膨大な紙の管理帳票。AIよみと~るで時間短縮を図るための業務選定や業務フローの改善がさらに加速”!

最近では、インターネットでの販売も増えているため、入力作業は正確性に加えスピードも要求されることに。出荷伝票の​デジタル化で可能になりました!

ガッツ

AIよみと~るのモデルプラン・料金

スキャナーとインターネット接続環境があれば

プラン2の場合、同一帳票1枚当たりの「読取範囲」×1ヵ月の「処理枚数」=6万まで
通常版なら月額11万円で定額の使用が可能です!!

例えば…同一帳票1枚あたり読取範囲が20ある帳票なら、月に3,000枚まで定額内で処理可能です。※

カウント基準
11万定額

※月の読取箇所が6万を超える場合は、別途「従量利用料」が必要になります。

※種類の異なる帳票を読み込む場合は、別途「自動帳票仕分け機能(オプション)」が必要になります。